赤松06-2-11 赤松06-2-11
  赤松06-2-11   赤松06-2-11  
赤松06-2-11
赤松06-2-11
赤松06-2-11 赤松06-2-11
赤松06-2-11 赤松06-2-11
         
         
2006年 2月11日

今年2度目の冬の下見で能勢を訪れた。
このところ穏やかな日が続き気温も比較的暖かい。
下見とは言え、採集できるかも知れないという期待は持っていた。
もちろんそういった気持ちで望んだのであった。


入山して徐々に奥へと進みながら
夏季の樹液採集のための木々のチェックとシュミレーションを行う。
昨年、収穫を得られた木の様子も見て回った。

さらにさらに奥へと進む。
程よく開けた中に多くの台場が点在するエリアが現れた。
辺りを隈無くチェックし、やがて一本の台場に絞り込まれた。
「越冬しているならばこの木が一番怪しい……」

木に登り、洞の中の数々のウロをかき出し棒で探ってみる。
と、その中で上向きのウロが予想以上に奥深い、
スーッとかき出し棒を奥まで差し込みむ、
そして奥からかき戻したその瞬間……
微かな違和感、
それは夏のウロの
あの感触であった。
「これは……」
慎重にかき出してみるとコロリと黒い個体が
!!

やはり居た!
縦縞の入ったつややかに輝く上翅。
極太のオオクワのメスだった。

最初はピクリとも動かなかったが、
やがて手の体温に温められ微かに動き出した。
それにしても太い!
前胸そして頭幅、また素晴しくアゴが太い。
これだけの身体だから、さほど深くないこのウロの中でも
越冬できるのだろう。
また新たなオオクワガタの生態を確認できたのだった。


兵庫県川川辺郡猪名川町赤松 ウロより採集 ♀43mm