2008年3月 陽春の阿古谷後編
  2008年3月陽春の阿古谷後編  
2008年3月陽春の阿古谷後編
2008年3月陽春の阿古谷後編 2008年3月陽春の阿古谷後編
2008年3月陽春の阿古谷後編 2008年3月陽春の阿古谷後編
     
       
夕方・・・
別の斜面を探索していた私たち、
できればオスの姿を見たいものである。
夕暮れも差し迫ってきた頃、
比較的低い台場クヌギの人の目線程の位置にあるウロ、
待望の彼は姿を現わした。
幅広でガッシリとしたゴツい体格だがしかし、
すり減ったアゴの先が彼の生き様を表していた。
実寸以上の迫力を感じさせる非常に太い身体・・・
これが阿古谷極太血統の遺伝子ではなかろうか
♂63mm



ΨIスオクワガタ | Dorcus くわがた村